東京R&Dパワーソリューションズ株式会社

PRODUCTSDCDCコンバータ機能付き 双方向車載充電器※開発中

車載バッテリの充電・放電がこれ1台!双方向型の車載充電器

EVなどの車載バッテリの充放電がこのモジュールひとつで対応可能。車載でAC電源として利用可能なため、「走る蓄電システム」として様々な用途に活用できます。

リーフレットダウンロード リーフレットダウンロード

双方向車載充電器とは

● 一般的な電気自動車(EV)の場合、商用系統から急速充電器などを介して車載メインバッテリを充電する「車載充電器」、車載バッテリからAC電力を取り出す「インバータ」、低電圧の車載補機バッテリから高電圧に変換する「DCDCコンバータ」のように複数の電力変換器を搭載しています。

 

● 当社で開発中のDCDCコンバータ機能付き双方向車載充電器とは、上記の「車載充電器」「インバータ」「DCDCコンバータ」の3つの機能が1パッケージになった製品です。そのため、1台で充電・放電・DCDCコンバータの3つの機能が実現可能です。

      将来的には我々が保有している系統連系技術を活用し、車載バッテリにて家庭内電力にピークシフトを実現します。つまり、車両をいわば”走る蓄電池システム”として活用可能とするのが双方向充電器です。

OBC Diagram

特徴

● 双方向制御が可能
車載バッテリの充電と放電がこのモジュールひとつで対応可能です。
● 車内でAC電源として利用可能
検診車など、車内で交流電源としての利用が可能になります。また災害時やレジャーなど、野外でAC電源がお使いいただけます。
● V2H、V2Gの実証試験用に
EV、蓄電池、太陽光発電設備などを組み合わせた実証試験での利用も可能です。

仕様(暫定)

仕様

機能ブロック図

ブロック図

双方向充電器による電力とモビリティの融合

双方向充電器を使えば、車両が蓄電池システム代わりに活用できるようになります。特に新興国においては、電力インフラが脆弱なため、例えば、農場や牧場においては、ポンプや農機具、電灯などの電源として活用できます。また、家庭にEVが停まってさえいれば、停電時に非常用の電源として活用できます。

 

電力とモビリティの融合

ツールバーへスキップ